クリアネイルショットとクレナフィンを比べると

クリアネイルショットとクレナフィンを比べると

クリアネイルショットは爪水虫対策製品です。クレナフィンというのは、通院して保険適応が認められた場合に処方箋を書いてもらって薬局で購入する医薬品となります。

 

この二つ(クリアネイルショットとクレナフィン)、医薬品とそうでないもの。一体何が違うのでしょうか?

 

まず爪水虫は白癬菌というカビの1種が爪に感染して発症してしまう病気ですが、この病気になると爪が褐色に濁ったり、凸凹になったり、ボロボロと最後には崩れてきたりするそうです。

 

さらに爪は神経がないために痒くないため、隠れ爪水虫も多くいるはずということなのです。だから、人に移す前にまず自分の爪をチェックしてみてくださいね。
そこで、この爪水虫対策品として医薬品ではないクリアネイルショットとクレナフィンがどのように違うのかをご紹介したいと思います。
安さ成分内容&安心さで選ぶならクリアネイルショットです。

 

なぜなら、クリアネイルショットには竹酢液・ポリアミン・スクワランといった天然成分が含まれているお薬で、これらの成分は白癬菌に働きかける事によって爪を清潔に保ち、滑らかにする竹酢液・爪の状態を健康的にするポリアミン・爪を保湿するスクワランに分かれており、これらによって爪水虫を治すジェルとなっているのです。

 

さらにクレナフィンの価格(保険適用で約6,000円)と比べると約半分の価格で購入できるというメリットもあります。
また、処方箋のクレナフィンと違い、効果が実感できないことがあれば「全額返金保証」もあるのでリスクなしで効果を試すことができますよね。

 

通院でしっかりと処方してもらいたい方はクレナフィンで、エフィナコナゾールという高い浸透性を持った抗真菌薬で治療してください。これによって白癬菌の発育を阻止する物となっており、高い効果が見込める物となっています。

 

しっかりと治療したい方はクレナフィンを処方してもらえる病院に通院することをおススメします。

 

つまり、クリアネイルショットとクレナフィンの爪水虫対策では両者とも高い効果が見込めるものとなっていますが、クリアネイルショットを選ぶ人と、医療機関に行って治療薬で確実に治したいというのは個人の好みによると思います。

 

しかしこの2種類の薬の口コミや評判を比較するとクリアネイルショットの方が圧倒的に評判が高いのです。

 

これはクレナフィンが処方されるために、6,000円程の治療費が掛かってしまうコストパフォーマンスの悪い薬である事や使用後に余分な薬を拭き取らないと炎症や水ぶくれを引き起こす副作用を起こしてしまうからが理由となっているようですね。