爪水虫は足だけじゃない

爪水虫は足だけじゃない

爪水虫は足の爪だけじゃないというのはご存知ですか?爪水虫は白癬菌というカビの一種に感染してなる病気ですが、手の爪が白癬菌に侵されることもあるのです。
それも手の爪水虫なのです。もちろん靴をずっと履いているので足の方が圧倒的に爪水虫は多いですが、足が爪水虫の人は手に白癬菌がついて、そこから手に感染している可能性がありますので要注意です。

 

皮膚の水虫かもしれませんし、爪の水虫かもしれません。
手の爪はネイルをしていると、多少の変色はわからないので、凹凸、痛み、ぼろぼろと崩れるなどの症状が出て始めて気づくこともあるかも知れませんね。基本的には爪水虫なら足でも手でも治療法にはかわりありません。ただ、普通の水虫と爪水虫では少々異なります。

 

なぜなら、爪水虫の場合には原因である白癬菌が潜り込んでいる爪の中まで有効成分もしくは薬が浸透しなければなりません。
だから、爪水虫の薬を選ぶ際には、かならず爪水虫専用を選ぶようにしましょう。普通の水虫市販薬で爪水虫にも効きますとあるのは、爪への浸透力にちょっと疑問があります。

 

薬を塗る表面の白癬菌には効果があるかもしれませんが、爪の中の白癬菌には効果がないかも知れません。だからいつまでたっても治らないと可能性も。
だから、市販薬でも、通販で購入できる対策キットやジェルなどでも、爪水虫専用というのが重要になってきます。

 

爪に有効成分が浸透するには、爪がやわらかい時が一番ですよね。しかも清潔にした後となると、やはりお風呂上りです。しっかりと水気をふき取ります。
それから柔らかくなった爪の表面から、その周りの皮膚まで薬や有効成分を塗って、白癬菌の退治をしてください。

 

一旦変色したりボロボロになったりした爪は元には戻りませんので、きれいな爪に生え変わるのを待つしかありません。それには半年〜1年程度はかかるのです。
ですので、ボロボロになった爪をやすりでけずって、有効成分を浸透しやすくするキットなどもアマゾンで販売していますので、ご覧になってみてください。
ただ、自分で、やすりでけずるというのは、足を傷つけてしまうリスクがあります。

 

そこに白癬菌がまた入り込んでしまったら、爪の奥の方まで爪水虫となってしまいますので、すでに経験済みである、説明書通りにできる自信がある人以外は、普通の市販薬か、病院の処方薬で治療をしていってください。

 

どの治療方法でも治療期間は短くなりません。爪が全部生え変わり、それでも当面は様子を見るために治療を続けるのが一番です。だから、自分が続けられる治療を選択するのが完治するベスト方法だと思ってください。